忍者ブログ

Moon Child

PBWシルバーレイン内に生息中、暴走弾丸娘ソーマ・アビルーパの戯言保存場所です。 シルバーレインという名前や、PBWという言葉に心当たりのない方、ソーマのお知り合いでない方はお戻り頂いた方が身のためかと。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

2017/09/20
21:51
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/10/28
19:06
10月18日の電話

 
 先日は馨の誕生日だったわけで、私からもささやかなプレゼント。

…って、バイト先の特大ピザ『生クリーム&フルーツスペシャル☆』
だったわけだけれど…思い出しただけで胸焼けが(うっぷ)
 
 時間がなくてデリバリーは他の人にお願いしちゃったからか、翌日、馨から電話があった。




『もぉ、そーちゃが配達してくれれば一緒に食べたのにぃっ』
「いや、あれを食べる気には。ピザはやっぱり主食じゃないかと。アスカさんだって食べなかったでしょ?」
『んぅ、アスカは食べていいよって言ってくれたからぁ、全部アタシが食べたけどぉ』
 ――そりゃそうでしょうとも。
「まぁ、その日はなんでか方角あわないオーダーばかり入ってたから、トリプルで行ってたし仕方ないわよ」
 トリプル――3軒分同時に持っていくのは、冷めないようにそれなりのスピードが必要だから、
私ぐらいしか行けないのよね。
『むー…、危なぃからやめてってゅってるのにぃ』
 一度それで事故ってるのもあるから、その話をすると馨は心配そうな声を受話器越しに響かせた。
「大丈夫。それに仕事なんだから仕方ないでしょ?30分以上かかったら、お客さんに迷惑かかるのよ」
『わかってるけどぉ』
 少しだけ、沈んだ声。そんなに暴走してるわけじゃないのに、ね。
「ところで、電話はそれだけ?」
 そろそろトレーニングに行きたいんだけれど、と■秘密基地■から出てストレッチを始めつつ。
『ぇぇと、んぅ、そんだけかなぁ」
「じゃあ、また…・・・あぁ、アスカさんにはプレゼント貰えたの?」
『貰えたょぉ!エプロン!無敵な奥さんとかゅぅヤツぅ』
「…随分ストレートな。無敵は元からだし…奥さんになってねってこと?」
『えぇぇ、元からって何ぃぃ!?アタシちゃんとプロポーズしてくんなきゃヤダょぉ?この前もベッドで
ゴロゴロしてたら、なんかボロッというしさぁ』
 ――えぇと、結婚するのは前提なんだということでよろしいか。
「まぁ、馨をもらってあげようなんて奇特な人はアスカさんぐらいなんだから、形式に拘らずに
したくなったらすればいいんじゃないの?」
 そりゃアスカさんのことだから、やるときは徹底的にキメて来るんじゃないかとは思うけれど。
 そして、その現場を見てみたいと、思わなくもないけれど、ね。
 馨に聞こえない程度に笑いを零して、ストレッチも終了。
『奇特ってなぁにぃっ、アタシだって少しはぃぃとこあるんだからねぇっ?』
「はいはい、それは知ってるわよ」
 貴方の笑顔に、何度救われたか判らないから。
「まぁ、片意地張ってて婚期逃さないように。もう21でしょ?」
 一般的に言ったらまだまだなのかも知れないけれど、その辺は一緒にいる期間も考慮して。
『んぅ、大家さんに勘違いされてるのも、否定してくんなぃしなぁ、アスカぁ…』
 ・・・でも内心嬉しいんでしょ?という言葉は飲み込んで。
「とりあえず、アスカさんの家柄からしたら余程盛大な式になるのかもだし。
今からその日ぐらいは取り繕えるように特訓でもしてなさいね」
『え、えぇぇぇぇぇ?』
 想像してない辺りが馨らしいというか。
「じゃあ、トレーニング行って来るから。またね、馨」
『あ、あぁぁぁ、そーちゃ、そーちゃは彼氏でき…』
「要らない。じゃぁね」
 言葉を途中で遮るように言葉を吐いて電話を切った。

 

「馨、ソーマとの電話終わった?」
「ぁ、ぅん終わったけどぉ。お誕生日のときにパーティしてあげるからおいでねぇって言おうと思ったのにぃ、
その前に切られちゃったぁ」
「何かまずい事でも言ったのか?」
「んぅ…、彼氏とパーティだと悪ぃなぁって思ったからぁ、彼氏できたぁ?って聞こぉと思ってねぇ…」
「あぁ、成程ね。それは切るかもな、ソーマなら」
 気にすること無いよ、と続けてアスカは馨の頭を撫でた。
「なんであんなに過剰反応するのかなぁ…」
 しゅんと項垂れて呟く。
「さぁな、それは俺にもわからないけど。まぁ、時が解決すんじゃね?」
 何年かかるか知らないけど、という言葉はアスカの喉へと飲み込まれていった。
 

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら