忍者ブログ

Moon Child

PBWシルバーレイン内に生息中、暴走弾丸娘ソーマ・アビルーパの戯言保存場所です。 シルバーレインという名前や、PBWという言葉に心当たりのない方、ソーマのお知り合いでない方はお戻り頂いた方が身のためかと。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

2017/06/27
10:53
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/05/04
21:42
抑止って難しい


自分がしたい話にばかり夢中になって、

人を置いてけぼりにしていた。


失敗した、な。

(ソーマ、少々反省中です。が、地雷バトンを踏んできたので、回答を。)


【自PCで恋愛ゲー!?バトン】
【1、自PCで恋愛ゲー!?では、攻略される側ですがOK?】

嫌だと言えば逃げられるものなのならば、ならば……逃げるのは悔しい。
~以下背後がお送りします~

※どう考えてもうちの娘とバトルは切り離せないと言う事がわかりましたので、
舞台は銀誓学園といたしました。

【2、自PCで恋愛ゲー!?での登場シーン(希望)をどうぞ。】

放課後の屋上、一人トレーニングをしているところに遭遇。
『あら、○○さん、どうしたのこんな時間に』

【3、自PCで恋愛ゲー!?でのキャラ特性をどうぞ。】

人見知りはしない、態度も友好的で仲良くなるのは簡単。
しかし、恋愛に発展するのは難しい。
暇さえあればバトル関連の話をしたがる。

【4、自PCで恋愛ゲー!?でのツンデレ%を、 オリジナルスパイスを加えて現して下さい。】

ツン:10%
デレ:40%
凹み:20%
強気:30%

下2項目はバトル絡みで発生する気質です。
通常の知り合いレベルでは上2項目の露出に止まります。

【5、自PCで恋愛ゲー!?での強気特性をどうぞ。】

バトルになると一歩も退かない。
超負けず嫌いなところは、大食いや体育の短距離走でも発生するレベル。

【6、自PCで恋愛ゲー!?での好感度上昇の仕方についてどうぞ。】

基本誰が相手でも好意的
仲良くなるだけなら非常に簡単
ただし、世間話をする程度などの『普通に仲がいい』だけだとそのまま友達エンド。
恋仲になるには良いにしろ悪いにしろ、どこかでショックを与える必要があります。

【7、自PCで恋愛ゲー!?での好みのタイプについてどうぞ。】

好みとかは特に無い。
ただ、例え恋愛関係だとしても守られているだけなのは我慢できない。
共に背中を預けあう事のできる信頼関係を求める。

【8、自PCで恋愛ゲー!?でのPCのツボ(萌えシチュ、についてどうぞ。】

本人がバトル絡みで上手く行かず、凹んでるときに優しくされる。
つまり、恋愛フラグを立てる為には、バトル関係の話が出来る関係になることが必須。

【9、自PCで恋愛ゲー!?での(トゥルー?)エンドについてどうぞ。】

放課後のトレーニングに付き合って欲しいと言われる。

BAD
屋上にて
『いつも、気になって居たのよね』
一呼吸置いて、間合いを詰めるヒロイン
『貴方の力に、どれだけ近づけるか』
呟きと同時に蹴りが炸裂。
主人公は否応無しの本気バトルに突入させられる。

その後はNORMALエンディングに繋がるか、
倒されて終わるか、主人公の実力次第。
倒された場合は、その後戦いを挑まれる事もなく知人レベルで終わる。

NORMAL
好感度は十分だが、恋愛フラグ発生時の行動を選択ミスすると友人エンド。
その後もちょくちょく放課後のトレーニングに誘われたり、
戦術などの相談相手として付き合いが続く。

TRUE
好感度十分で選択肢も正解
行き先は放課後の屋上
『いつも、気になって居たのよね』
『貴方の背中を護るのは、私でありたい。…駄目、かしら?』
 俗に言う恋人として。

地雷バトンでしたが、踏んでもスルーしていただいても結構です、が。
思ったより自PCの特性がわかって面白いかも知れません。

<背後後記>

此処まで恋愛とバトルが並行に動く娘だとは思ってませんでした(笑)
しかし、ソーマは三度のメシよりバトル好きですし、
恋愛にはとことん疎いので、これからも誰かを好きになったりすることは
難しいのかな。なんとなく好きというレベルの相手が居たとしても、
それが恋愛感情であるということを自覚すること、
そしてその人に対して自らが動くと言う事は恐らくないんじゃないかなと。

けれど、ソーマが銀誓館にきてから、二年弱…?
皆さんの影響を受けて、随分変わって来たと思います。
これからも、良い影響を受けて、伸びやかに育って欲しい、そう思いつつ。

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら