忍者ブログ

Moon Child

PBWシルバーレイン内に生息中、暴走弾丸娘ソーマ・アビルーパの戯言保存場所です。 シルバーレインという名前や、PBWという言葉に心当たりのない方、ソーマのお知り合いでない方はお戻り頂いた方が身のためかと。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

2017/06/27
10:57
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/08/23
15:56
まだ残る硝煙の


あの日、馨を、組織にいた子供たちを、そして私を この世に引っ張り出したものたちを叩き潰して。

瓦礫の中、引きずり出したかつての相棒と、重くなる手足を引きずって辿り着いた場所。
そこに通い始めて、もうすぐ一年になる。

今でも、此処にいることが相応しいのか、分からなくなる事は多いけれど



此処に来てから、色々な人に会って、同じように色々な人と別れて。
もう会うこともないだろう人もいる、偶然にもどこかで再会できた人もいる。
結社で話してくれる人、色々教えてくれる人。
依頼で知り合って、GTに連れ出してくれた人や、お手紙をくれた人。
全部、一年前までは知らなかった人たち。
銀誓館に来なければ、出会わなかった人たち。

その人たちと接することで、
インプットされた情報反応じゃなく、
自分の気持ちから自然に変わる表情っていうものがある事も、理解できた。
色んな人と関わることで、己を変えることもあるという事も、少し分かってきたかもしれない。

笑ったり、悔しかったり、涙を…流したり。
まだ、その後に自分を恥じてしまう事は、あるけれど、
そういう感情を持つことが出来るようになった。
けれど、そういう自分を誰かに見せることは、やっぱり恥ずべき事で…
誰にも恥じ入ることが無くなるには、どうしたらいいのだろう。

自分の周りに居る、強くて優しくて美しい人たち。
其処に並ぶには自分はまだちっぽけで。
身の置き場が無くなる事もよくあって、不意に消えたくなる。

手を伸ばせども、求めるものは遥か遠くに在って
追いかけても、追いつけないのかも知れない。

たとえ、追いついても、手に取る勇気はまだないのだけれど。


一年過ぎてもまだ襲う、自分を壊したくなる衝動は
もしかしたら、自分が自分で在る為に、必要なものかもしれない。
でも、癒す力を身につけたくなった自分、それも確かに心の中に在る。
一体どっちが本当の自分なんだろう。

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら